できる人が できるときに できることを

「PTA活動」にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

「こどもの様子が見れるからちょっと楽しみ♪」
「先生と話せたら子どもの様子が聞ける(^^)」
そんな前向きな意見がある一方…

「やりたくないけど、一人一役だし…。」
「やりたくても仕事をしてるから難しい…。」
「正直、興味もないし面倒…。」
こんな声も聞こえてきます。

本来の「PTA活動」は保護者と先生が協力し、子どもたちを支え、より良い学校生活を送れるようにするものです。
強制的にやらされる活動ではプラスの活動には結びつきづらいですよね。

だからこその変革です。

一人一役の強制参加はなくします。
妊婦さんや乳幼児を連れての活動は大変です。
また、介護のあるご家庭もあるでしょう。
子どもの為の活動と言っても、大変な時にやるのは負担になるだけ。
小学校生活は6年間。
大変な時はお休みして、無理なくできる時に参加しましょう。

それに仕事をしていても大丈夫、都合のいい時だけ参加しましょう。
たくさん仕事を休まなくてもいいように、出来るだけ学校行事のある日に併せて活動を設定します。
通年の活動は難しくても、単発のボランティアなら参加しやすいのではないでしょうか?

そんな意味を込めて、今年度から参加型のPTA活動になります。
自主的に参加することで、無理なく楽しい活動をしていきましょう!

保護者が楽しく活動をしている姿は、きっとお子さんにもプラスになりますよ♪