PTA会則

第1章―総則

第1条
本会は市川市立新浜小学校PTAと称し、事務局を同校内に置く。

第2条
本会は新浜小学校に在籍する児童の福祉を増進するため、保護者と学校教職員が協力し、学校区内の教育環境を向上することを目的とする。

第3条
本会は、教育を本旨とする非営利的、非政治的な民主的団体として活動する。

第4条
すべてにおける議事は、出席者の過半数の同意によって決定する。

第2章―会員

第5条
本会の会員は、本校に在籍する児童の保護者と、本校に勤務する教職員とする。

第3章―役員

第6条
本会に次の役員を置く。
・会長 1名(保護者)
・副会長 2名以上(保護者)
・会計 2名以上(保護者)
・会計監査 2名以上(保護者・教頭)
・書記 2名以上(保護者)
・顧問 1名

第7条
顧問は、PTA役員経験者から任命され、会長または役員会の求めに応じて会務に参与する。

第8条
役員の任務は1年間とし、毎年度定期総会において改任する。但し顧問を除き再任を妨げない。補欠によって選任された役員の任期は前任者の残任期間とする。

第4章―役員会

第9条
1.役員会は、本校学校長と第5条に規定する役員をもって構成し、会長を補佐して本会の運営にあたる。
2.役員会は会長が招集する。

第5章―総会

1.総会は全会員で構成され本会の最高機関である。
2.総会は会員の過半数(委任状を含む)の出席によって成立する。
3.毎年1回特別の事情がない限り、4月中に会長が定期総会を招集する。
4.代表委員会が必要と認めた場合、会長が臨時総会を招集する。
5.総会に付議または報告すべき事項は次のとおりとする。
・役員の承認
・会則の変更
・予算、決算の承認
・事業報告
・その他の重要事項

第6章―学級委員

第11条
学級委員は各学級より次の委員を置き各業務にあたる。
学級代表 1名
・各学級代表の中から各学年の学年代表を1名選出する。
・学年代表は必要に応じて学級代表を招集し活動できる。
・学級代表及び学級副代表は、学級活動を推進し、他の学級との連絡調整を行う。
学級副代表 1名
・学級副代表は学級代表を補佐し、協力して学級活動の推進に務める。
会計 2名
・会計は毎月の集金業務を行う。
専門委員
・専門委員の中から専門委員長1名、専門副委員長2名以内を選出する。
・専門委員長は専門委員会を招集し企画立案する。必要に応じて役員会が兼務できる。
・企画立案された事業は役員会または代表委員会に図って実施する

第7章―代表委員会

第12条
1.代表委員会は、役員、学級代表、専門委員長によって構成し、本会則及び総会の決議に基づいて本会業務の審議、運営にあたる。
2.代表委員会は会長が必要に応じて招集する。ただし、構成員の4分の1以上の要求があった場合、会長は代表委員会を招集しなければならない。

第8章―選考委員会

第13条
1.選考委員会は学級副代表と役員、教職員の中から若干名をもって構成する。
2.役員選考に当たっては、会員の推薦(自薦・他薦)した候補者より適任者を選考し定期総会に報告し承認を受ける。
3.推薦された候補者がないとき及び補欠については、選考委員会において推薦し選考する。

第9章―会計

第14条
本会の経費は、会費その他をもってこれに当てる。

第15条
本会の会費は、会員1世帯につき年間4,000円とし、年2回(前期2,000円・後期2,000円)徴収する。但し、途中入会の場合は月あたり300円徴収し、途中退会の場合は月あたり300円を返還する。

第16条
本会の会計年度は、毎年4月1日から始まり、翌年3月31日に終わる。

第10章―付則

第17条
この会則は、総会において出席会員の3分の2以上の賛成によって改正することができる。

新浜小学校PTA慶弔規定

1.慶・祝に関する項
本校PTA会員の功労顕著な方に対する礼遇は役員会で決定する。
2.弔慰に関する項
本校PTA会員が死亡した場合は香典金5,000円を供える。
本校PTA会員の本校に在籍する子供が死亡した場合は香典金5,000円を供える。
3.火災、その他の災害については最高10,000円とし、そのつど役員会が決定する。

表彰規定

1.新浜小学校のPTA活動に関して、功績の顕著であった会員に対して記念品を授与し表彰する。
2.表彰は、以下に該当する会員について行う。
・役員として2年以上活躍した人
・学年代表・専門委員長として3年以上活躍した人
・その他、PTA活動に対して功績が顕著な人
3.表彰を受ける会員は役員会で決定する。
4.表彰は原則として退任転任する会員に対してPTA総会において行う。特に必要がある場合は臨時に行う事ができる。